恋人との出会いの質を高める3つのポイント

あなたには、恋人がいますか?恋人と付き合っている人の中には「どうしてこんな人と付き合ったんだろう」と思っている人もいれば「この人とこれからもずっと付き合っていきたい」と思っている人など、同じ恋人と付き合っているんでも真逆なことを感じている人がいます。

最初から妥協して、ちょっとこの人となら付き合ってもいいかなと思って付き合ったのが、後から別れを切り出しづらくなったという人もいるでしょう。逆に、最初から好きでしょうがない相手と付き合って、ずっと仲良く付き合っている人もいます。では、どうしてこうした違いが生まれるのでしょうか。そして、どうすればより相手との出会いの質を高めることが出来るのでしょうか。

出会いの質を高めるポイントは、3つあります。1つは、理想の相手がどんな人か分かっているということです。理想の相手が分からず、とりあえずこの人でいいやぁと付き合うのは、相手にも失礼ですし本当の自分の気持ちを押し殺してあまり好きじゃない人と付き合うのも辛いものがあるかもしれません。

ただ、理想の相手は自分の頭で考えた相手ではありません。もし、相手の年収や身なりや容姿などで判断しても、そこで気持ちが全然動かないのなら、それは本当の恋愛と呼べるでしょうか。周りがあまり容姿が良くないと言っている人でも、その人を見たらなぜか気持ちが動いてしまう、そういった人を見つけることが気持ちの入った恋愛になるといえます。

この人と付き合っていたら周りから良く思われるから、この人はお金持ちだから一生玉の輿で暮らせそうだから、そんな表面的なことで相手を選んだら、最初はいいかもしれませんが長く続かないことは目に見えています。やはり「好き」という気持ちが原動力になる恋愛は、他の要素でスタートしてしまうと友達や仲間、もしくは他人のような関係になってしまう可能性もあり、そんな夫婦もたまに見ることがあります。

なので、自分はどういった性格の人、どういったことをやりたいと思っている人、どういった話が好きな人、どういった話し方が好きな人、どういったペースの人など好きなポイントを細かく見ていくといいでしょう。自分の気持ちが最も大切で、そうした人を頭で知ることは次のポイントに繋がります。

2つ目のポイントは、理想の相手がどこにいるかを知るということです。一目ぼれという言葉がありますが、パッと見た時に胸がどきどきするのが恋愛の楽しいところ。でも、その相手がどこにいるかを知ることは、そのどきどきをどれだけ感じられるかに繋がってくるでしょう。

そのためには、心でどきどきを感じることと同時に、理想の相手のポイントを理解し、その人がどこにいるかを知ることが大切なポイントです。理想の相手が分かってくると、そういった人がどんな場所にいるかが分かってきます。運動が好きな人はスポーツ施設などにいるかもしれませんし、本を読むのが好きな人は図書館にいるかもしれません。

そうしたことが曖昧であれば、どこにいっても理想の相手に出会えないということにもなります。なので、明確にポイントを抑えておくことで、理想の相手はここにいそう!ということで、よりピンポイントで理想の相手が行きそうな場所に行けます。3つ目のポイントは、声をかける勇気を持つということです。

容姿が悪い人でも、何回もトライすれば恋愛がスタートするというデータがあります。なので、恋愛は確率論といえるような要素もあるようです。もちろんどれだけ相手と自分の気持ちが動いたかというのも関係していますが、とりあえず行ってみようという軽いノリの人もいます。

なので、まずは声をかけられるか、それで失敗してもめげずに次もトライ出来るような軽いグリップと好奇心も、大切なポイントです。